相談させてください。

質問・相談

はじめまして。篠崎と申します。

地理学を一から勉強するにあたって必読の本やサイトなどあればおしえていただけないでしょうか?
独学で大学院へ進学しなければならず不安です。

ただ今海外留学中なのですが、半年後に語学研修が終わり、地理学部の修士課程へ進学予定です。
日本では12年前に環境学部を卒業いたしました。重なる部分もあると思いますが、地図や地形に関しては全く無知です。
私の所属する大学の全部の学部を調べた時に、地理学部に一番魅力を感じました。

お力添え頂ければ嬉しいです。宜しくお願いします。

大学や研究室、研究テーマによって、対策が変わってくるので、一概には言えないという前置きだけさせてください!あくまで地理学の基礎を学ぶための参考として、良いと思った本を共有します。

# 一般向け書籍として面白い本
自然のしくみがわかる地理学入門   水野 一晴
人間の営みがわかる地理学入門   水野 一晴
経済は地理から学べ!   宮路 秀作

# 地理学の全体像をつかむ
ジオ・パルNEO[第2版]:地理学・地域調査便利帖 野間晴雄ほか
 →大学1年生向けのテキスト
最近の地理学 坂本 英夫
 →古いけど人文地理学を網羅的に読める
日本の地形――特質と由来 (岩波新書)   貝塚 爽平
東京の自然史 (講談社学術文庫)   貝塚爽平
 →地形学をやるなら、まずは貝塚先生の本を
地図の進化論: 地理空間情報と人間の未来   若林 芳樹
 →地図/GISの初歩の初歩を身近な生活からわかりやすく解説

地理学の入り口としてはこんな感じでしょうか!
地理学の全体像をある程度網羅できるかなと思います。
これらを地理学の入り口としつつ、この後の受験対策として、進学したい大学や研究室、研究テーマに沿って、専門の勉強が必要になります。

篠崎 友希

篠崎様
地理学というものではないですが、日本各地の地形図が掲載され、その地域が何によってどのように変化していったのかを読み取っていく「日本列島地図の旅」大沼一雄 という本(続編も含めて全三巻だったか?)があります。確か最初に出たのは1980年代後半だった気がしますが、地形図を読み取って、という部分ではお役に立てるかと思います。

篠崎 友希

もうすぐ語学学校の期末試験が終わりますので、お二人におすすめしていただいた書籍を全部購入してみようと思います。

ありがとうございます。

篠崎 友希

ソコトラ島というイエメンの島の地形や地質に興味があります。

まだ語学学校におりますので、研究室のことや、希望の研究ができるのかどうかわかりませんが、基礎知識が欲しかったので、夏休み中に読んでみようと思います。

お二人ともありがとうございました。

篠崎 友希
コメント

コメントするには会員登録とログインが必要です

コメントを削除しますか?

キャンセル削除

質問を削除しますか?

キャンセル

ログイン / 新規会員登録

ログインまたは新規登録後、レッスン受講、お気に入り登録ができます。